ゲームプロデューサーの求人

ゲーム会社求人TOP >> 条件別のゲーム会社求人 >> ゲームプロデューサーの求人

ゲームプロデューサーの求人

ゲームプロデューサは、ゲームディレクターに似たような部分も多いですが、基本的にはゲーム製作の最高責任者となります。企業によっては、プロデューサーとディレクターを兼任しているところもあります。主な仕事としては、ゲームの製作に必要な予算を組み立てたり、販売戦略を考えたり、宣伝方法を決めたりします。ゲームディレクターは、どうやって面白いゲームを作るか考えるのに対し、ゲームプロデューサーはどうやってゲームを売るかを考えるわけです

プロデューサーの場合は、ディレクターを兼任している場合は別ですが、ゲーム製作そのものは特に触れることはありません。もちろん、企画のチェックや最終確認ぐらいは行いますが、特にプロデューサーの方から細かい指示を出すことはありません。あくまでも、プロデューサーはゲームを売る方をメインに考えるのです

当然のことですが、ゲーム会社は利益を出すためにゲームを開発しているわけです。ゲームが売れるかどうかは、ディレクターを始めとしたゲーム制作陣の頑張りはもちろんですが、プロデューサーを始めとした、営業部の頑張りも欠かすことはできないのです。プロデューサーは、「テレビCMで宣伝すべきかどうか」、「広告料金はいくら出すべきか」、「どの時期に、どのターゲットをメインにして売るのがベストか」など、最大限利益を出すための戦略を考えるのです。

ゲームプロデューサーの仕事は、自分でゲームを制作するわけではありませんから、ゲームが好きな人にとっては、あまり魅力的ではないように思われるかもしれません。しかし、ゲームの面白さを伝えたり、ゲームの素晴らしさをアピールすることも、ゲームプロデューサーの重要な仕事だと言えます。ですから、むしろゲーム好きの人にとっては、ゲームプロデューサーはぴったりだと言えます。

ゲームプロデューサーになるためには、いくつかのステップを踏まなければなりません。まずは、ゲーム会社のプランナーであったりプログラマーとして働き始める必要があります。その後、ゲームディレクターを任せられるようになって、実績や結果を出すことができれば、ようやくゲームプロデューサーの道が開かれるのです。決して、どれだけ能力が高い人であっても、新卒や転職後すぐにプロデューサーになれるわけではありません

ゲームプロデューサーになりたいのであれば、ゲーム会社の求人の中でも、将来プロデューサーとしての道を開けそうな求人に応募するのがいいでしょう。もしも、すでに他の企業で、開発の責任者やディレクターの経験があるのであれば、そのことをしっかりとアピールしましょう。

ゲーム会社の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビエージェント×IT 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 ゲーム会社求人サイトランキング【憧れのゲームを仕事にするには?】 All Rights Reserved.