ゲームのパトロール・監視の求人

ゲーム会社求人TOP >> 条件別のゲーム会社求人 >> ゲームのパトロール・監視の求人

ゲームのパトロール・監視の求人

ゲームテスターとはまた違う、ゲームパトロールの仕事も存在します。ゲームテスターは、不都合やバグのチェックが主な仕事ですが、ゲームパトロールの仕事は、そのゲームを発売しても本当に問題ないのか、審査やチェックをするための仕事です。これだけを聞くと、ゲームテスターと同じように思えますが、実際は全く業務内容は異なるのです。

例えば、発売したゲームが、もし著作権に引っかかってしまったら大問題となります。他のゲームのシステムを無断で使用したり、音楽やBGMを作曲者の許可を得ずに使用してしまうと、訴訟問題に発展しかねません。そのような問題が生じないように、ゲームパトロールが調査や確認を行った上で、問題がないと判断した時に初めて販売が決定するのです。他にも、全年齢対象のゲームで過激な暴力的なシーンがないかどうか、差別的な用語が使用されていないかどうかなど、道徳や倫理的に問題がないかどうかもチェックします。

そして、最近ではオンラインのゲームも増えています。オンライン上では、利用者同士のトラブルであったり、利用規約に反するような行為が頻発することも多いです。そのような悪質ユーザーを監視する仕事もあります。規約に違反したユーザーに警告をしたり、場合によってはアカウントの停止も行ったりします。特に、オンラインのゲームがメインのゲーム会社では、監視の仕事にはかなり力を入れているのです。

ゲームパトロールや監視の仕事は、ゲームテスターと同じようにアルバイトを雇う企業もあります。ただ、ゲームテスターに比べると、求められる知識もやや多く、より重要なポストだと言えるので、契約社員として雇ったり、場合によっては正社員のみでチェックをする企業も多いです。ただ、それでも他の職種に比べれば、特に専門的な知識や高度なスキルが求められるわけではないので、採用条件は比較的緩い傾向にあります。

この仕事をやりたい場合は、やはりゲームの製作が多い時期に求人を探すのがいいでしょう。特に、オンラインゲームの開発に力を入れているゲーム会社であれば、日常的に募集をしていることも多いです。ゲーム会社によっては、経験者のみの募集や、ワードやエクセルなどの最低限のパソコンスキルを条件とすることも多いですが、未経験者でも積極的に採用する企業も多いです。また、たとえアルバイトや契約社員としての採用だった場合でも、この仕事から正社員に採用されるケースも結構多いので、将来ゲーム会社の正社員とした働きたい人も、この仕事から始めてみるのもいいでしょう

ゲーム会社の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビエージェント×IT 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 ゲーム会社求人サイトランキング【憧れのゲームを仕事にするには?】 All Rights Reserved.