ディレクターの求人

ゲーム会社求人TOP >> 条件別のゲーム会社求人 >> ディレクターの求人

ディレクターの求人

ゲーム製作には、デザイナーやクリエイターはもちろんですが、シナリオライターやプログラマーなど、様々な分野の専門スタッフが必要となります。そして、それら全てのスタッフを指揮して統括をするのが、ゲームディレクターです。簡単に言えば、ゲーム製作をするためのリーダーのような存在です。スタッフを指揮するだけでなく、ゲーム内容の企画を決定したり、どれぐらいのコストや費用がかかるかを把握したり、完成までのスケジュールを計画したり、宣伝や広告のプランも考えたりするなど、数多くの仕事をこなす必要があります。

ゲームディレクターは、幅広い知識と専門性が必要となり、なおかつリーダーシップやコミュニケーション能力も必要となります。したがって、就職してから実績や経験を積むことは必須で、なおかつ周囲からの信頼も必要となるので、決して誰でもなれる職種ではありません。また、一つのゲームの製作が終わっても、すぐにまた新しいゲームの製作を企画段階から行わなければなりません。そのため、仕事の忙しさも他の職種以上だと言えるでしょう。

ゲームディレクターの仕事は本当に大変ではありますが、一方で自分でゲームの製作を考えることができますし、デザイナーやクリエイターたちと一緒に、1つのゲーム作品を作り上げることは、これ以上ない喜びややりがいを感じると思います。ゲームディレクターは、10%の喜びのために、90%の苦労を味わはなければなりません。でも、本当にゲームが好きでこの仕事に生きがいを感じるのであれば、90%の苦労もむしろ喜びに感じられるのです。

ゲームディレクターになるためには、他の職種以上にコンピューターの専門知識は必要となります。もちろん、デザイナーやプログラマーでも、コンピューターのスキルは必須ですが、ディレクターの場合はより専門性を必要とされます。したがって、ゲーム会社に就職してからも、ディレクターになるためにコンピューターの専門学校に通う人もいるのです。さらには、デザインやプログラミングなどゲーム製作に必須のスキルはもちろん、ゲームを企画するために幅広い分野の知識を身に付けるなど、常に勉強の姿勢でいなければなりません。

ゲームディレクターとして活躍していきたいのであれば、まずは下積みからコツコツと積み重ねる必要があります。そのためには、自分に合ったゲーム会社の求人に応募をしましょう。場合によっては、最初はアルバイトから始めてもいいでしょう。

ゲーム会社の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビエージェント×IT 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 ゲーム会社求人サイトランキング【憧れのゲームを仕事にするには?】 All Rights Reserved.