コンポーザーの求人

ゲーム会社求人TOP >> 条件別のゲーム会社求人 >> コンポーザーの求人

コンポーザーの求人

どんなゲームでも、必ず音楽やBGMが取り入れられています。オープニングの音楽、フィールド上のBGM、戦闘シーンのBGM、イベントで使用される曲、エンディングの曲やBGMなど、音楽やBGMがあるからこそ、よりゲームの魅力が増すわけです。むしろ、どれだけ内容の良いゲームであっても、何と音楽もBGMも無ければ、つまらないものになってしまうでしょう。そして、ゲームに使用する音楽やBGMを作曲するのが、コンポーザーの仕事なのです。

コンポーザーは、ただ音楽やBGMを作曲するだけでなく、「このシーンはどのようなBGMが合うか」、「この音楽を使用すれば、よりプレイヤーの気持ちも高まるに違いない」など、常にプレイヤーの目線になって音楽やBGMを作っていかなければなりません。いくら素晴らしBGMであっても、そのシーンにマッチしていなければ、BGMの魅力は半減してしまいます。そのため、音楽の知識はもちろんですが、柔軟性やアイデアも求められる職種だと言えます

ゲームの規模にもよりますが、1つのゲームで約20から30、場合によってはそれ以上の音楽やBGMが使用されています。それらの音楽やBGMをコンポーザーが作曲するわけですが、ほとんどの場合はプランナーやディレクターと相談した上で決めることになります。そのため、ある程度はコンポーザーの裁量に任せられているものの、一方で決して全てを自由に作曲できるわけではないのです。

さて、ほとんどのゲーム会社では、コンポーザーを直接自社で雇っているわけではありません。音楽スタジオやミュージック会社には、コンポーザー専用のスタッフも所属しており、それらのスタッフにお願いすることになります。もちろん、大手のゲーム会社になれば、コンポーザーを直接採用することもあります。

コンポーザーになる方法は、大きく分ければ2種類あります。一つは、音大や音楽スクールに通って、そこから就職する方法です。もう一つは、最初はデザイナーやプログラマーとしてゲーム会社に就職して、そこからコンポーザーを目指す方法です。後者の方が、コンポーザーになった時にすぐに依頼をもらうことができます。前者の場合は、コンポーザーには比較的早い段階でなれるでしょうが、依頼をもらえるようになるまでは、ある程度実績を積まなければなりません。いずれにしても、コンポーザーに必要なのは作曲をするスキルだけではないので、そのことは常に意識しておくようにしましょう。

ゲーム会社の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビエージェント×IT 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 ゲーム会社求人サイトランキング【憧れのゲームを仕事にするには?】 All Rights Reserved.